meta name="viewport" content="width=device-width,initial-scale=1">

勃起不全&早漏の悩みはスーパーカマグラで解決

早漏防止のトレーニング法

早漏防止の方法には、手術、トレーニング、医薬品という選択肢があります。
まず、手術ですが、これは包茎や仮性包茎で悩んでいるケースで当てはまります。
日本人男性の7割は仮性包茎などと言われていますが、包茎気味の方は普段皮に包まれているため、勃起した際の刺激を受けやすく直ぐに射精しやすいと言われています。
そのため、包茎手術を受けて包茎を治すことで、見た目にも満足して男性としての自信がつくだけでなく、早漏防止にもつながると言われています。
また、トレーニング法には主としてスクイーズ法とセマンズ法が有名です。
スクイーズ法は、マスターベーションなどを行って射精直前までペニスを刺激することから始めます。
そして、射精思想になったら亀頭の先を手のひらで包んで抑えつけ、無理やり射精しないように押さえつけます。
つまり、自分で射精の状態に導きながら射精を我慢させるという方法ですが、これを繰り返し実践していくことで、射精までの時間をどんどん長くしていくことができると言われています。
セマンズ法というのはひとりではできず、パートナーと一緒に行うトレーニングです。
パートナーの理解を得て協力してもらう必要がありますので、彼女や奥様に悩みを打ち明けることから始めます。
そのうえで、パートナーに手コキでペニスを刺激してもらいます。
そして、射精しそうになったタイミングで、射精してしまわないように手での刺激を止めてもらいます。
射精寸前で止めるという行為を4回から5回ほど繰り返しし、その後ようやく射精へと導いてもらいます。
これで普段より射精までの時間が延ばせるようになったら、今度はローションを手に取って同じ事を繰り返します。
ローションを使うとより刺激を感じやすくなるので、ローションを使っても時間を延ばせるよう鍛錬を積むのです。
このトレーニングを積んだら、最終的には女性の膣内に挿入して、なるべく時間を長くできるように実践を繰り返します。
イキそうになったらパートナーに膣からペニスを離してもらうとか、騎乗位による刺激をストップしてもらうなどして、我慢を繰り返して時間を延ばしていくことがポイントとなります。
もう1つの方法としては、医薬品の使用があります。
服用することで射精までの時間を延ばせる医薬品が、インターネットで販売されています。
また、ペニスに直接塗るタイプもあり、これは麻酔薬の一種です。
ペニスの感覚を麻痺させることで刺激を受けづらくし、射精までのスピードを伸ばすというものです。